野口裕明署長(右)から指定書を受け取る事業所の代表者=小城市の小城署

 小城地区安全運転管理者協議会(山本康徳会長)と多久地区安全運転管理者協議会(青木昭男会長)の安全運転管理モデル事業所の指定書交付式が10日、小城市の小城署で開かれた。事業所の代表者は「事故ゼロを目指し、模範になる」などと決意を新たにした。

 モデル事業所に指定されたのは、中島工務店(小城市)と大成ロテック佐賀工事事務所(多久市)の2事業所。式で野口裕明署長は「事故を一件でも少なくすることが警察に課せられた使命。ただ、警察だけでは限界がある。力を貸していただきたい」と述べた。

 指定書を受け取った両事業所の代表者は「地区を代表して交通事故ゼロを目指し、他の模範になるように積極的に行動する」「『無事故、無違反、思いやり』をテーマに、事故のない明るい職場を目指す」と力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加