創業明治22年、130年を超える歴史を持つ菓子店・水田屋。代名詞「ふくらすずめ最中(もなか)」をはじめとする季節の和菓子が並ぶ中、毎月第2土曜日になると、次々に子どもたちが訪れます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加