ホテルニューオータニ佐賀の日帰りプランでは、日中の最大8時間、部屋を利用できる=佐賀市

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、企業で導入が進むテレワークの場所として使ってほしいと、「テレワークプラン」を売り出すホテルや旅館が佐賀県内でも増えている。施設の稼働率が落ちる中、新たな収入源を模索している。

 佐賀市のホテルニューオータニ佐賀は、日帰りプランを提案。午前7時~午後6時までの間、最大8時間利用でき、料金は5千~6千円。中野健一支配人は「快適な空間で集中して仕事に取り組める」とアピールする。同市のホテルマリターレ創世は、午前9時~午後6時まで5千円で利用できるプランを打ち出している。

 武雄市の懐石宿「扇屋」は、3泊4日の平日限定のプラン(1泊2食付き1万8千円~)を始めた。3泊目の宿泊代は無料にする。山下裕輔社長は「リフレッシュも兼ね、仕事の場として有効に使ってもらえれば」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加