「武雄・嬉野温泉1億円キャンペーン」をPRするチラシ

武雄市役所

嬉野市役所 嬉野庁舎

 武雄市と嬉野市が新型コロナウイルス対応で11日から始めた宿泊施設や飲食店を支援するキャンペーンの利用予約は、13日までに約770人分に上った。

 武雄市観光協会と嬉野温泉旅館組合がまとめた。既に利用された分を含めた数字で、13日夕現在で嬉野市の宿泊施設が593人分、武雄市が178人分の予約があった。嬉野温泉旅館組合は「想定より多い」と話す。

 キャンペーンは市民や市内勤務者を対象に、両市の宿泊施設の料金を半額補助(上限1万円)し、チェックイン時に飲食店などで使える4500円分のクーポンを提供する内容。両市5千万円ずつの予算で「1億円キャンペーン」として5月31日まで行うが、予算額に達した時点で終了するため、各市4千泊程度の補助とみている。

このエントリーをはてなブックマークに追加