感染者の確認を受けて、市民へのメッセージを読み上げる橋本康志市長=鳥栖市役所

 県内13例目の感染者が確認された鳥栖市は12日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、橋本康志市長が市民に向けてメッセージを出した。

 橋本市長は市民に対し、「市内で初めての感染であり、心配のことと思うが、感染拡大は現時点で確認されておらず、今まで通り冷静な対応をお願いしたい」と呼び掛けた。

 感染拡大地域の福岡県に隣接している鳥栖市は、19日まで小中学校を休校にしている。今後の学校の対応については市教育委員会の検討を受け、13日に開く新型コロナウイルス感染症対策本部会議の中で判断していく。橋本市長は「保護者から問い合わせなども受けている。不安が解消できるよう努めていきたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加