雄渾(ゆうこん)に、流麗に-。自在な筆遣いで県書道界をけん引してきた佐賀県書作家協会顧問の書家米倉基峰(きほう)さん(87)=佐賀市=は「積ん読の雑読家」を自称する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加