作成したDVDを手にする県の担当者。中山間チャレンジプロジェクトの先進事例などを紹介している

 佐賀県は、中山間地の活性化のために取り組んでいる「それぞれの中山間チャレンジプロジェクト」をPRするDVD(20分)を作成した。地域住民が主体となって進めている集落ビジョンづくりなど、先行している自治体の事例を動画で分かりやすく伝えている。

 県は、条件が厳しく耕作放棄地も増えている中山間地の将来について、そこに住む人に主体的に考えてもらおうと、2018年から同プロジェクトを実施。自ら手を挙げた集落や産地の地域づくりを支援している。

 ただ、地域住民に説明しても、具体的にどんなプロジェクトなのか伝わりにくかったため、DVDを作成した。DVDでは、既にプロジェクトに取り組む集落で行った地域点検や話し合いの様子などを収録。プロジェクトの鍵となる住民の合意形成づくりのポイントや専門家のアドバイスなども収録した。

 50部作成し、県の各地の事務所や市町の担当部署などに配布する。県の担当者は「地域の住民らに見てもらい、多くの集落や産地がプロジェクトに取り組む契機になれば」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加