「時をかける少女」など広島県尾道市を舞台にした青春映画などで知られる映画監督の大林宣彦さんが10日夜、肺がんのため死去した。82歳。広島県出身。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加