大林宣彦監督=2017年6月3日、唐津市南城内の大手口センタービル

 「時をかける少女」など広島県尾道市を舞台にした青春映画などで知られる映画監督の大林宣彦さんが10日夜、肺がんのため死去した。82歳。広島県出身。余命半年の宣告を受けた後も2016年、唐津市を舞台にした映画「花筺/HANAGATAMI」の撮影を敢行、17年のキネマ旬報ベストテンで日本映画2位や「日本映画大賞」に輝くなど高い評価を受けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加