梶原校長(左)からランドセルカバーを受け取る新入生=佐賀市の東与賀小

梶原校長(左)から教科書を受け取る新入生=佐賀市の東与賀小

 佐賀市の東与賀小(梶原紳一校長)で10日、入学式があり、新入生77人が元気に登校した。感染症対策で受付時に県から配布されたマスクが渡され、入学式に在校生や来賓の姿はなかった。

 式では、新入生代表が教科書や黄色いランドセルカバー、傘を受け取った。佐賀南地区交通安全協会東与賀支部は初めて、校章付の黄色の制帽を贈った。

 梶原校長は「在校生も皆さんに会うのを楽しみにしている。先生の話をよく聞いて、勉強が大好きな小学生になってください」と話した。児童を代表し、6年生の上西唯さんが「一緒に楽しい学校生活を送りましょう」と歓迎の言葉を送った。

 新入生の大串來覇(らいは)君は「運動を頑張る。友達を100人つくりたい」と笑顔を見せた。佐賀市立の小学校は9日に4校、10日に31校で入学式が開かれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加