JR長崎線中原駅北側に高さ18メートルのレンガ造りの煙突が孤独に立っている。何の工場かな、と思う人も多いようだが、昭和33(1958)年まで製蝋(ろう)工場が営まれていた名残である。