文部科学省=東京都千代田区霞が関

 新型コロナウイルス感染拡大を巡り、文部科学省は10日、休校中の児童生徒が家庭学習を通じて学力を身につけたと確認できる場合、学校再開後に同じ内容を授業などで扱わなくてもよいとする特例の通知を、全国の都道府県教育委員会などに出した。

 また、萩生田光一文部科学相は同日の記者会見で、感染拡大の可能性が高いと保護者が判断して学校を休む子どもについて、校長が合理的な理由だと認めれば欠席として扱わない見解を示した。

 文科省は対面の指導を重視しており、学校再開後には、長期休みの短縮や学校行事の絞り込みなどをして、補充授業や土日の補習などを実施するよう要請している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加