吉田教育長(左)からマスクを受け取る児童=江北小

 江北町は6日、町内の小中学校2校の始業式に合わせ、布(ぬの)マスク1000枚(まい)を配布(はいふ)しました。新型コロナウイルスの感染拡大(かんせんかくだい)に伴(ともな)いマスク不足が続く中、安心して学校生活を送れるようにと手渡(てわた)しました。
 政府(せいふ)は1日に全国約5000万世帯に布マスクを2枚ずつ配布すると表明しましたが、江北町は3月の定例議会で2019年度補正(ほせい)予算でのマスク購入(こうにゅう)を決めていました。町内の縫製(ほうせい)会社から購入し、江北小では吉田功教育長が代表の保健(ほけん)委員の児童2人にマスクを渡(わた)しました。
 吉田教育長は「これまで給食用マスクを代用している子どももいた。学校の環境(かんきょう)を整えていきたい」と述(の)べました。受け取った児童は「買い物とか出掛(でか)ける時もある。予防(よぼう)できるように使いたい」と話していました。(8日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加