出発式後、街頭指導に出発する白バイを拍手で送り出す参加者たち=県庁

 春の交通安全県民運動(県交通対策(たいさく)協議会主催(しゅさい))が6日始まり、佐賀市の県庁(けんちょう)県民ホールで出発式が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大(かんせんかくだい)で交通啓発(けいはつ)のイベントにも影響(えいきょう)が及(およ)ぶ中、パトロールや交通取(と)り締(し)まりなどの活動を強化して、交通事故防止(じこぼうし)を目指します。15日まで。
 出発式では、警察(けいさつ)関係者や佐賀市の若楠幼稚園(わかくすようちえん)の園児ら約60人が参加。山口祥義(やまぐちよしのり)知事は、今年の交通事故死亡者(しぼうしゃ)13人(前年同期比(ひ)6人増(ぞう))のうち8人が道路横断(おうだん)中で歩行者の事故が相次いでいることに触(ふ)れ、「ドライバーには人が飛び出してくるかもしれないことを意識(いしき)してもらえるよう周知し、県内から交通死亡者を出さないよう取り組もう」と呼(よ)び掛(か)けました。交通安全指導(しどう)も実施(じっし)され、園児は模擬(もぎ)の横断歩道を使って正しい渡(わた)り方を学びました。
 15日までの運動期間中に予定していた啓発イベントが中止になるケースもあり、伊万里署管内では、スーパーでの交通安全グッズの配布(はいふ)など四つのイベントが中止や規模縮小(きぼしゅくしょう)となりました。同署の北島聡(きたじまさとし)交通課長は「交通取り締まりを強化するなどして、安全運転を呼び掛けていきたい」と話しました。(7日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加