介護福祉士試験に合格した生徒たち(嬉野高提供)

 介護福祉(かいごふくし)士の国家試験を受験した嬉野高社会福祉系列(けいれつ)の10人が全員合格(ごうかく)しました。合格率(りつ)が7割(わり)の難関(なんかん)試験ですが、同校の全員合格はこれで11年連続となりました。今春卒業し、県内の介護施設(しせつ)などで働き始めた10人で、新たな出発に意欲(いよく)を見せています。
 10人は通常(つうじょう)の授業(じゅぎょう)のほか、高齢(こうれい)者を中心に地域(ちいき)住民が学校を訪問(ほうもん)して生徒と交流する「嬉高ひだまりサロン」にも取り組みました。試験の2カ月前からは、放課後や冬休みを使い、集中的に試験対策(たいさく)に取り組みました。
 筆記試験は1月26日にあり、3月25日に合否(ごうひ)が発表されました。試験に合格し、県内の介護施設に勤務(きんむ)する藤川郁奈美(ふじかわかなみ)さん(18)は「全員合格の伝統(でんとう)をつなぐプレッシャーはありました。分からないところは先生に聞いたり、仲間と励(はげ)まし合ったりして合格できた」と喜びました。(3日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加