新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 佐賀県は10日、県内12人目として新型コロナウイルスの感染が確認された東松浦郡玄海町の20代男性に関し、福岡市内で知人と会食したことが感染のきっかけになったとの見解を示した。男性は会社員で、九州電力玄海原発の関係者ではないという。

 県によると、男性は4月1日に福岡市内で、大阪府在住の知人と会食。2~6日まで福岡空港を利用するなどして千葉県に出張し、7日に知人から新型コロナウイルスに感染したとの連絡を受け、帰国者・接触者相談センターに相談した。8日には味覚障害となり、9日に感染が確認され県内の指定医療機関に入院した。

 男性は、50代の両親と同居。出張後は自宅で過ごし、両親も外出はマスクを着用した上でスーパーに行く程度だった。県は両親を濃厚接触者として、ウイルス検査を実施する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加