第四章 百折不撓(八十) 普段は無駄口を叩かない江藤にしては饒舌(じょうぜつ)だった。まだ興奮が冷めないのだろう。「家老の誰かが『討ち入りがあるかもしれん』と言ったらしいのだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加