佐賀県内の書道家6人がつくる「梧芯(ごしん)会」の第20回書道展が開かれている。臨書を重視し、切磋琢磨せっさたくまを続ける会員らが作品21点を並べ、設立50年を迎えた会の歴史を振り返る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加