九州電力は9日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の敷地内にある二つの焼却炉で、運用開始当初から約40年にわたり、放射性物質を含む気体廃棄物の放出量の算定に誤りがあったと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加