2018年3月、フィギュアスケートの世界選手権で演技する宇野昌磨=ミラノ(共同)

 2018年3月、フィギュアスケートの世界選手権で、日の丸を手に笑顔を見せる銀メダルの樋口新葉(左)と銅メダルの宮原知子=ミラノ(共同)

 新型コロナウイルス感染拡大で外出を制限する国が世界的に多くなる中、自宅にとどまるスポーツファンに無料で動画を配信する動きが広がっている。スケートや体操、バスケットボールの国際競技連盟は過去の世界選手権やW杯の試合映像をインターネットで提供。「元気が出る」「自宅待機がより幸せになる」と歓迎の声が上がっている。

 国際スケート連盟は2018年の世界選手権の全種目とエキシビションの映像を公開し、宇野昌磨が銀メダルを獲得した男子や、樋口新葉が2位、宮原知子が3位に入った女子の再生数は3万回を超えた。体操やバスケットボールも過去の試合や名場面が好評を得ているようだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加