広島市の松井一実市長は9日、原爆の日の8月6日に毎年開いている平和記念式典について、新型コロナウイルスの感染拡大が終息しなかった場合、規模を縮小した上での開催を検討していると明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加