三根 公博氏

 暗号資産(仮想通貨)交換会社最大手のビットフライヤー(東京都港区)は、嬉野市出身の三根公博氏(51)が代表取締役に就任したと発表した。

 三根氏は鹿島高-一橋大法学部卒。日本興業銀行、松井証券取締役、SBIイー・トレード証券執行役員、ソニーバンク証券取締役などを経て、2019年3月にビットフライヤーに入った。前任者の辞任に伴い、3月22日付で代表取締役代行となり、同月30日付で代表取締役に就任した。

このエントリーをはてなブックマークに追加