「多くの人に最新車を知ってもらいたい」と語る上原健太郎社長(右)とPRガールの新郷桃子さん(中央)ら=佐賀市のモラージュ佐賀

 日産サティオ佐賀(佐賀市、上原健太郎社長)は4月から、佐賀市のモラージュ佐賀で新型車の常設展示を始めた。最新の安全装置などを備えた車を見てもらう機会を増やし、客層を広げる狙い。大型商業施設に展示コーナーを設けるのは、佐賀県内の日産のディーラーでは初めて。

 4月は「ルークス」「セレナ」「デイズ」の3車種を館内の1階通路で紹介している。今後1~2カ月ごとに車種を入れ替える予定で、土日曜はコンシェルジュを配置して展示車に関する質問なども受け付ける。 「スポーツカーなど、わくわくするような展示も考えていきたい」と上原社長。「多くの人に安心・安全の最新車を知ってもらいたい。会社の知名度が高まり、店舗への来店にもつながれば」と語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加