新型コロナウイルスの感染拡大で使い捨てマスクの品薄状態が続く中、繰り返し使える布製マスクの販売や製造を始めるところが佐賀県内でも増えている。共通するのは「少しでも手助けになれば」との思い。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加