唐津市野球場の完成イメージ図(市提供)

 唐津市は改築工事が6月末に終わる和多田の市野球場のネーミングライツ(命名権)スポンサーになる法人や団体を募集している。1月から3月まで募集したが、応募がなく、市は「思った以上に反応がなかった」として、金額を半額にするなど内容を見直して再募集している。

 命名権は7月から2023年12月までの3年半で、金額は210万円以上。市野球場にふさわしく、親しみやすい名称で、施設管理に支障を来さないものとしている。選定委員会を設置し、審査得点が最も高い応募者を優先候補にする。

 スポンサーになれば、球場メインスタンド正面玄関上部のコンクリート外壁部分(縦1・8メートル・横10メートルの区画内)をはじめ、球場外壁に最大2カ所、体育の森公園敷地内に最大2カ所、名称などを表示できる。

 グラウンドは両翼96メートル、中堅121メートルで、メインスタンドには2376人、外野芝生席には1325人が収容できる。23年に佐賀で開かれる国民スポーツ大会では、軟式野球のメイン会場になる。

 募集は30日までで、所定の書類で申し込む。問い合わせは市未来創成部スポーツ振興課、電話0955(72)9237。

このエントリーをはてなブックマークに追加