政府の緊急事態宣言が発効した8日、佐賀県首都圏事務所では在宅勤務が本格的に始まった。普段は19人が勤務しているが、新型コロナウイルスの感染予防で出勤は2人という前例のない対応を取った。8、9日は国会審議も全面的に見合わせとなり、県関係議員2人の質問が延期された。