国営諌早湾干拓事業(長崎県)に関し、国が漁業者に開門を強制しないように求めた請求異議訴訟の差し戻し審について、福岡高裁は8日までに、27日に予定していた口頭弁論の期日取り消しを決めた。次回の日程は未定としている。

 高裁によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言で、福岡県が対象地域になったことなどが理由としている。2月に第1回口頭弁論が実施されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加