10日から臨時休業する鳥栖プレミアム・アウトレット=鳥栖市弥生が丘

 佐賀県鳥栖市弥生が丘の「鳥栖プレミアム・アウトレット」を運営する三菱地所・サイモンは8日、同施設を10日から臨時休業すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で隣接する福岡県に緊急事態宣言が発令されたためで、佐賀県内の大型商業施設が同宣言を受けて休業に踏み切るのは初めて。営業再開については改めて知らせる。

 同社広報部の佐竹香里部長は「遠方からのお客さまが多いことに加え、福岡に住む従業員も多く、休業を決めた」と語る。本部は最低限の人数で交代しながら業務を行う。

 8日に買い物に訪れた三養基郡基山町の男子予備校生(18)は「仕方ないことだが、筑紫野のイオンモールも専門店が休業になっている。周辺の商業施設が閉まっていくのは少し寂しい」と話した。

 鳥栖プレミアム・アウトレットには2018年度に延べ約570万人が訪れた。約170の店舗があり、2千人ほどが働いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加