新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、テレワークやウェブ会議を実施する企業が増えています。企業が用意したシステムを利用できる人はいいのですが、そういう準備がない人や、個人で今すぐウェブ会議をやりたい人に便利なのが「Meet Now」です。

 マイクロソフトの傘下にあるSkype(スカイプ)が提供しているウェブ会議サービスで、インストールもアカウント作成もなしで利用することができます。複数人でのチャットやビデオ通話はもちろんのこと、ファイルの転送や、採決を行うときに使えそうな「投票を作成」という機能もあります。

 「Meet Now」のウェブページで「無料の会議を作成」をクリックすると専用のURLが作成されるので、それを参加者にメールなどで伝えます。そのURLにアクセスすると「Skypeを開きますか?」というポップアップが出てくる場合がありますが、それはキャンセルして「ゲストとして参加」のボタンを押します。後は表示名を入れるだけで開始できます。

 相手に負担をかけることなく手軽なので、いろんな場面で使えそうですね。(浴本信子、パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加