インターハイ出場が懸かった全九州高校体育大会で力走する九州各県の選手たち=2019年6月、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、九州高校体育連盟は、6月から九州・沖縄各県で開催される予定だった全九州高校体育大会(九州高校総体)の中止を決めた。8日午後に発表する。佐賀県内では相撲、剣道、少林寺拳法、水球の4競技が実施される予定だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加