パネルを見せながら外出自粛を呼び掛ける県職員=佐賀市川副町の佐賀空港

 県空港課と空港事務所の職員が7日、佐賀空港の帰省客に、外出自粛を呼び掛けるチラシを配布した。首都圏での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、羽田、成田の両空港からの到着便で8日まで行う。

 チラシには「佐賀で生活する場合には当面、不要不急の外出を避けてほしい」と書かれている。感染防止のため、手渡しではなくポケットティッシュに差し込み、到着口近くの机に並べて利用客に取ってもらう形にした。外出を自粛するように書いたパネルを掲げ、アルコール消毒も勧めた。

 県空港課によると、佐賀空港は国際線が全便運行を見合わせ、国内線も羽田便が減便となっている。県内ではこれまで、東京都と神奈川県から帰ってきた人の感染が確認されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加