「自」という漢字はもともと、顔の中の「鼻」を意味する文字だった。しかし、自分のことを言う時、鼻を指さして表したため、「はな」ではなく、「おのれ」「みずから」などの意味に使われるようになったという◆自がつく言葉には自分の行為や動作を表す言葉が多い。その一つ「自省」は、自分の言動を反省するという意味。出版社三省堂の社名の由来でもある「三省」は、一日に何度もわが身を省みよう、という教えだ◆きのう7日、安倍首相は新型コロナ対策で緊急事態宣言を出した。自由が制限されることもあるが、自由は本来、「公共の福祉」に反さないという前提の上に成り立つ。コロナ感染をこれ以上拡大させないための、歴史的な宣言の重みをまずは認識したい。問われるのは国民一人一人の自覚と、はやる心を抑える自制心か。同時に決定した緊急経済対策では、困窮世帯への現金給付を盛り込んだ。コロナ禍で本当に困っている人を優先し迅速に。他者への思いやりを失っていないか、自戒も必要だ◆自粛、自警、自重…。こんな時だからこそ、一日三省とはいかなくても一日1回は自省しよう。反省ばかりでは気がめいる。時には「きょうはよく頑張った」という「自賛」も大事だろう。「自愛」を交えながら一日一日を自省する。そんな日々を積み重ねていきたい。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加