新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を受け、佐賀県の各自治体は7日、対象地域になった福岡県や首都圏から「疎開」的な帰省が増えることを警戒し、移動後2週間の自宅待機を求めるメッセージを出したり、市民以外の公共施設の利用を制限したりした。宣言により県内で感染が広がる事態を防ぐ狙い。