新型コロナウイルスの佐賀県内での感染拡大を受け、サッカーJ1のサガン鳥栖は6日、チーム公式ツイッターに、感染対策を徹底するように呼び掛ける動画を公開した。豊田陽平選手らが出演し、密集密閉を避け、不要不急の外出を控えるなど「愛する人を守るために、みんなで判断し行動しよう」と訴えている。

 動画には豊田選手のほか、高橋義希選手や三養基郡上峰町出身の樋口雄太選手ら8人が登場。「佐賀県にいるぼくたちに今できること」として、「みんなでみんなを守るため。多くの人が密集する場所へ近づかない」などと注意喚起している。

 Jリーグは2月末から中断し、再開の見通しは立っていない。サガン鳥栖はこの間、ホームページで選手による手洗い講座や、休校中の児童に向けて学習ドリルの解説などの動画も公開している。

サガン鳥栖の公式Twitterはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加