ジュネーブの本部に掲示されたWHOのロゴ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)などは7日、看護師を巡る状況についての報告書を発表し、世界全体で依然として約590万人の看護師が不足しているとして、各国に養成や雇用の拡充に力を入れるよう訴えた。

 報告書によると現在、世界に看護師は約2800万人おり、医療従事者の59%を占めている。約9割は女性。2013~18年に470万人増加したが、世界人口で5割を占める国々に8割強の看護師が集中するなど、地域的な偏りもみられる。特にアフリカや東南アジア、中東などで看護師不足が目立つ。

 看護師の高齢化も深刻で、今後10年で6人に1人が引退する見通し。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加