多くの人が利用する施設内を原則禁煙にする改正健康増進法の全面施行を受け、佐賀県は6日、電話相談窓口を開設した。喫煙室の設置が必要なケースや受動喫煙の被害に関する相談など、幅広く受け付ける。

 改正法は1日から全面施行された。飲食店や事業所の中を原則禁煙にし、喫煙室の設置や喫煙可能であることを知らせる標識の掲示などを義務付けている。

 改正法に関する県への問い合わせは2019年度、約330件あった。法施行に伴い、さらに相談が増えることが予想されるため、窓口を設置した。飲食店や事業所の管理者などに改正法に沿う方法を助言する。法律が守られていない事業所に対する苦情にも応じ、指導する。

 開設期間は21年3月31日まで。受付時間は午前9時~午後5時(土日祝日を除く)。電話0120(900)074。

このエントリーをはてなブックマークに追加