新たな特産品として神埼市で商品化を目指している「神埼桑菱(くわびし)茶」の原料になる桑が、神埼町尾崎地区の畑に植え付けられた。桑の安定供給を担う「神埼和桑(わぐわ)部会」の会員ら約30人が、苗植えに汗を流した。