4月2日の「世界自閉症啓発デー」に合わせ、青色に照らされた恵比須像=佐賀市役所本庁前

4月2日の「世界自閉症啓発デー」に合わせ、青色に照らされた恵比須像=佐賀市役所本庁前

胸に青いリボンを付けて応対する職員=佐賀市役所

 国連が定める「世界自閉症啓発デー」の2日、佐賀市は市役所前の恵比須像1体を啓発活動のシンボルカラーである青色に照らした。8日までの発達障害啓発週間の期間中、市職員が青色のスカーフやポケットチーフなどを身に付けて活動をPRしている。

 啓発デーは国連が2007年に定め、日本では4月2~8日を「発達障害啓発週間」として自閉症など発達障害について知ってもらう期間としている。

 自閉症の子どもを持つ親や専門家などでつくる「県自閉症協会」(赤瀬満博会長)と協力し、今年初めて本庁玄関前の恵比須像を青の照明で照らし出した。赤瀬会長は「身近なところで活動をPRしようと実施した。障害の特性やその人をどう理解し、どう配慮したらよいか考えてほしい」と話した。

 2日は福岡県大川市とつなぐ筑後川昇開橋もライトアップした。8日までの期間中、佐賀市立図書館では発達障害などについて学べる本を並べたコーナーを設置する。

 市障がい福祉課の村口滋慶課長は「活動で誰もが幸せに暮らせる社会の実現につながれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加