東京都庁前を歩くマスク姿の人=6日午前

 政府が新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を近く発令する見通しになったことを受け、感染者数が全国最多の千人を超える東京都の職員には6日「いよいよか。自分たちも準備を急がなければ」と緊迫感が高まった。都は同日午後に対策会議を開き、小池百合子都知事が記者会見する方向になった。

 都内では日ごとの感染者数の拡大傾向が急速に悪化。4日に初の3桁となる117人に上ると、5日にはさらに上回って143人に達している。

 小池氏は正午前に取材に応じ、発令について政府から直接聞いていないとした上で、東京が特措法の指定対象になることを想定して準備を進めてきたと説明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加