新型コロナウイルスの感染防止のため、校庭で行われた始業式に出席するマスク姿の児童ら=6日午前、水戸市

 再開された小学校に登校する児童=6日午前、佐賀市

 新型コロナの感染防止策として春休み前から続いていた学校の一斉休校から1カ月余りが過ぎ、多くの地域の小中学校で6日、入学式や始業式が開かれた。予定通り、新学期を迎えられる学校もある一方、感染拡大の恐れがある地域では、5月の大型連休まで休校の延長が決まっている学校もある。

 安倍晋三首相は2月27日、全国の小中高や特別支援学校などに3月2日から春休みまでの臨時休校を要請。感染者が出ていない一部の地域を除いて、大半の教育委員会が一斉休校に踏み切り、多くの子どもは自宅学習などを続けてきた。

 文部科学省は3月24日、学校再開に向けた指針を都道府県教委に通知していた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加