「純米吟醸 松浦一(生)」松浦一酒造

 山田酒店の山田晃史店主に聞きました。

 

「純米吟醸 松浦一(生)」松浦一酒造

 

 昨年、酒を搾るヤブタを入れ替えた松浦一酒造。より洗練された酒質が際立つ1本ができました。純米吟醸とは思えないほどリッチな香りがふわりと広がり、雄町100%のジューシーでチャーミングな味わいが口の中に広がることはもちろん、しっかりとした酒の背骨を感じます。酒蔵が知恵を絞り、酒造りの勘所が進化していることを思わせる1本。新型コロナウイルス禍の影響で家にこもる人も多いと思います。ちょっと肉感があるコショウを利かせたコロッケなど、家族で手作りした品とぜひ合わせて楽しみたい1本です。(720ミリリットル、1815円)

このエントリーをはてなブックマークに追加