北九州市出身の歌手小川みすずさん(36)がデビュー曲「何でやねん」(もず唱平作詞、浜圭介作曲)PRのため、佐賀新聞社を訪れた。大阪を舞台に、失恋した女性の心を、持ち前の中低音の声で切なく歌い上げる。 小川は母の影響で幼い頃から演歌や歌謡曲を聴き、テレビの歌まね番組にも出演した。