サーフボードやゴムボートで多布施川を下る人々=佐賀市神園

 佐賀市の多布施川沿いに続く満開の桜並木。好天に恵まれた4日、「サップボード」と呼ばれる大きなサーフボードや小型ゴムボートで川下りを楽しむ姿があった。

 午前中に川下りを体験した家族連れは、多布施川河畔公園から神野公園までの約4・5キロを約1時間半かけて下った。川面までせり出した満開の桜を見上げながら進み、「気持ちいいみたいね」と声を掛けた道行く人に笑顔で手を振っていた。水面(みなも)に浮かぶ桜並木の風景も楽しんだ。

 多布施川沿いでは遊歩道を散歩したり、青空に映える桜を写真に収めたりと、思い思いに景色を楽しむ人が目立った。

このエントリーをはてなブックマークに追加