夜の繁華街の利用自粛が求められ、人通りが普段より減った東京・新宿の歌舞伎町=4日夕

 東京都で新型コロナウイルスの感染確認が1日としては初めて100人を超えた。小池百合子知事が利用自粛を求めたバーやカラオケ店などを抱える夜の繁華街は4日、閑散とし、感染拡大が止まらない状況に不安が広がった。

 日本有数の繁華街、新宿・歌舞伎町は普段より人通りが少なく、カラオケ店やパチンコ店の多くが臨時休業していた。

 居酒屋の男性店員は店先に立ち、人の流れを心配そうに見ていた。「客は約7割減っているが、売り上げを少しでも確保するために店を開けるしかない」。都内で新たに118人の感染が出たことに「さらなる自粛につながると、ダメージは計り知れない」と声を落とした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加