佐賀県内3人目の新型コロナウイルス感染が確認された武雄市の40代男性に関し、東京出張で行動を共にした長崎県佐世保市の40代男性と東京在住の男性の計2人も感染していたことが3日までに分かった。

 山口祥義知事は3日の対策本部会議で、1日に感染が確認された武雄市の男性に関し、同行者2人が感染した状況を踏まえ、「感染源はほぼ東京出張ではないか」との認識を示した。

 また、熊本市は3日、同市北区の80代女性の感染を確認したと発表した。この女性は3月21日に福岡市で親族と会食しており、佐賀県内2人目の感染者となった伊万里市の60代女性と、既に感染が確認された息子の医師も参加していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加