感染防止を向け意見交換する医療従事者ら=佐賀市の国立佐賀病院

 全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県内の感染症対策に関わる医療従事者でつくる県感染防止対策地域連携協議会(HICPAC-S)は3日、佐賀市内で会合を開いた。感染防止に向け、各病院の入院患者への面会制限の具体策や、若い世代の危機意識をどう高めるかについて意見を交換した。

 会合には、感染症を専門とする医師をはじめ、看護師や保健師ら県内各地から約20人が出席した。代表世話人の一人、青木洋介佐賀大医学部教授は「地域での感染拡大の抑制に何とか貢献したい」と呼び掛けた。

 感染防止に向けた啓発活動の状況について、出席者から「病院での入院患者への面会制限など、感染防止の理解が得られないケースがある」との懸念や、「学生や若い社会人に感染防止を促すために、ネットなどでも粘り強く呼び掛けないといけない」といった提案があった。

 PCR検査に関して「件数が少なくて可否の基準が分からず、現場の医療関係者には戸惑いが広がっている」との指摘があった。学校の授業の再開については「佐賀県では感染源が分かって感染経路も追えている状況なので、しっかりと感染防止をした上で授業をしてもいいのでは」との意見が上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加