東京五輪サッカー男子決勝が行われる予定の日産スタジアム=横浜市

 【ジュネーブ共同】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期された東京五輪で、原則23歳以下だったサッカー男子の出場資格が24歳以下に引き上げられる方針となった。来年24歳となる選手も出場が認められることになる。国際オリンピック委員会(IOC)が国際競技連盟(IF)や各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)に通達した文書が3日に判明した。

 東京五輪サッカー男子の出場資格は、3人まで認められるオーバーエージ枠を除くと、1997年1月1日以降生まれと定められていた。大会の1年延期に伴い、年齢制限の規定に注目が集まっていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加