◆Reiko’sコメント
春の香りいっぱいの新ゴボウと鶏ミンチをバターで炒めました。バターの風味が肉のニオイを抑え、優しく甘い香りの肉そぼろになります。いりゴマと刻んだ甘酢ショウガでシンプルに仕上げたすし飯は、しょうゆ味のそぼろとの相性も抜群。お祝いの食卓やお花見のお供に、ぜひお役立てください

【 材料 】4人分

米 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 2合
日本酒 ・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
昆布 ・・・・・・・・・・・・・・・ 適量
酢 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 60cc
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・ 40g
塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1
※ 酢〜塩までをAとする

いりゴマ ・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
甘酢ショウガ ・・・・・・・・・・・ 20g
鶏肉ミンチ ・・・・・・・・・・・・ 150g
ゴボウ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 80g
干しシイタケ ・・・・・・・・・・・ 2~3枚
バター ・・・・・・・・・・・・・・ 20g
ショウガ ・・・・・・・・・・・・・ 1片
だし汁 ・・・・・・・・・・・・・・ 80cc
きび砂糖、日本酒、しょうゆ ・・・・ 各大さじ1
※ だし汁〜しょうゆまでをBとする

錦糸卵、菜の花、花切り菊芋 ・・・・ 適量

【 作り方 】

Aを混ぜ合わせ、すし酢を作っておく。
:米は、酒と昆布を入れて硬めに炊き、温かいうちに①を混ぜ、いりゴマと甘酢
  ショウガを合わせる。
:鍋に鶏ミンチと短めの千切りにしたゴボウ、5mm角に切ったシイタケ、バター、
  ショウガを入れ、火が通ったらBを加え、煮汁がなくなるまで炒め煮する。
:型にすし飯、そぼろ、すし飯の順に入れて型抜きし、錦糸卵、菜の花、花切り野菜
  (菊芋など)を飾る。

【 POINT 】

 

調味料だけで肉そぼろを作ると、味がしつこく、肉も硬くなりがち。だし汁を使い、水分を飛ばしてしっかり炒め煮すると、ふんわりやわらかく、コクのある優しい味わいに仕上がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加