テープカットして町道白坂久保田2号線の開通を祝う関係者=基山町けやき台

町道白坂久保田2号線の開通を祝ってあいさつする松田一也町長=基山町けやき台

 基山町道白坂久保田線の未開通部分150メートルが1日、開通した。町道は住宅団地けやき台を南北に貫く幹線道路で、全通したことで福岡県方面への往来の利便性が大幅に向上した。事業費は1億3361万円。

 町道は全長1235メートルで、大部分は1989年のけやき台開発と同時に開通した。今回の全面開通で、団地北部から九州自動車道基山パーキングエリア方向に通り抜けることができるようになり、筑紫野市方面へのアクセスが向上した。またこれまで団地外に出るには南側への道路しかなかったため、災害時の避難経路が増えるなど防災面での効果も期待される。

 あいにくの雨模様の中、現地で開いた開通式には、役場や町議会関係者、地元住民ら約25人が出席した。松田一也町長は「利便性は大幅に向上する。交通安全や防犯対策にもしっかり力を入れていきたい」とあいさつ。町議会や地元住民の代表者と一緒にテープカットし、開通を祝った。

このエントリーをはてなブックマークに追加