特製シシリアンライスを持つ秀島市長とPRキャラクターのシシリアンナちゃん=同市役所

特製シシリアンライスを試食する佐賀市の秀島市長=同市役所

4日の「シシリアンライスの日」を前にしたPRセレモニー=佐賀市役所

 佐賀市のご当地グルメ「シシリアンライス」のPRセレモニーが3日、同市役所で開かれた。日本記念日協会認定の「シシリアンライスの日」となる4日を前に、秀島敏行市長が特製シシリアンライスを試食した。

 秀島市長は「佐賀シシリアンライス王国国王」として、王冠とマントを着けて登場。会場にはPRキャラクターの「シシリアンナちゃん」も訪れた。

 “献上”されたシシリアンライスには、佐賀牛や佐賀市で収穫した葉物野菜などがたっぷりと使用された。就労継続支援B型事業所「スローWORK大和」が無農薬で栽培した新タマネギやベビーリーフなども入っている。

 秀島市長は「肉とご飯、野菜、マヨネーズが混ざっておいしい。コロナの暗い雰囲気をセレモニーで吹き飛ばしたい」と話した。

 セレモニーはシシリアンライスを活用し、佐賀市を盛り上げる活動を行う同市のボランティア団体「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ」(中島丈晴代表)が2012年から開いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加