新型コロナウイルス特措法に基づく政府対策本部の設置や、東京五輪・パラリンピックの延期について報告する安倍首相=3日午前

 安倍晋三首相は3日午前の参院本会議で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7日にもまとめる緊急経済対策に関し「感染拡大が抑制された段階を見据え、甚大な影響を受けている旅行、運輸、外食、イベントなどにフォーカスを当て、短期集中で大胆な需要喚起策を講じる」と述べた。新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の発令を巡っては「ぎりぎり持ちこたえている」との認識を重ねて示した。

 感染者急増に備えた医療提供体制の強化が喫緊の課題だと改めて強調。緊急経済対策の柱の一つとして「人工呼吸器の確保なども含め、重症者に重点を置く医療提供体制の整備を早急に進める」と語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加